腕・足 プレ・アフターケアで差が出る腕・脚のムダ毛処理

抜く処理法

他の場所に比べて肌が強いので、安心して自己処理できる場所ですね。
こちらも抜くタイプ、剃るタイプ、溶かすタイプがありますので、効果的な処理方法を紹介します。

毛抜き Process

ヒザまわりなどの太くて硬い毛を根元から抜くときに便利。1本ずつ抜いていくので時間がかかるが、効果は長持ち。肌を押さえながら引き抜くと痛みが軽くなります。

電気脱毛器 Process

脱毛器のヘッド部分を肌に密着させてムダ毛を引き抜いていきます。あらかじめ3~5ミリぐらいに短くカットしておくと、処理しやすく痛みも軽くすみます。

脱毛テープ Process

1 処理したい部分の毛の流れを整えておき、空気が入らないようにテープをピッタリと貼ります。汗をかいていたり、水気が付いていたりすると、粘着力が落ちるので注意。
2 時間をおくと温まってしまい粘着力が弱くなるので、すぐに毛の流れと逆方向に一気にはがします。はがした後に残ってしまったムダ毛は、毛抜きで処理します。

脱毛ワックス Process

1 処理したい部分のムダ毛はあらかじめ5ミリぐらいにカットして、脱毛しやすくしておきます。これで脱毛時の痛みも軽減されます。溶かしたワックスを付属のヘラでムラなく塗布します。
2 表面を触ってワックスが固まったのを確認したら、毛の流れと逆方向へ一気にはがします。ワックスが残ったときは、はがしたワックスをくっつけて取り除くか、濡れタオルでふき取って。
プレケア:長い毛はカットする
アフターケア:脱毛後は肌を冷やす

脱毛機器の最新情報!

マンガスペシャル