効果的な自己処理法

ムダ毛の自己処理法には大きく分けて、「色を薄くする」「溶かす」「剃る」「抜く」「剃る」の4通りがあります。それぞれ再生のスピードや肌への影響が違うので、生えているムダ毛の状態や処理する部分を考えて、自分に適した処理方法を選びましょう。

  色を薄くする 溶かす 抜く 剃る
  脱色剤 除毛剤 毛抜き・テープ・ワックス・電気脱毛器 カミソリ・シェーバー
処理方法
処理後
再生
  長所と短所 長所と短所 長所と短所 長所と短所
  表皮から上に出ている部分の色を薄くして、目立たなくする処理方法。毛の色抜くだけなので痛くないが、けが伸びてくると不自然。かぶれに注意が必要。 表皮から上に伸びている毛を、薬品によって化学的に分解する方法。痛みがなく、ほとんどの部位に使用できる。しかし、処理に時間がかかる割合に長持ちしない。 毛を根本部分から引き抜くため、効果が長持ちし、きれいに仕上がる。しかし、処理方法によっては痛みが大きく、毛が途中で切れてしまい切り残すこともある。 表皮から伸びている部分を断ち切る方法で、すべての部位の処理に適しているが、すぐに再生するので効果が長続きしない。断面が広いため、ボツボツが目立つ。

脱毛機器の最新情報!

マンガスペシャル