毛のサイクル・周期

身体の部位ごとに異なる毛周期と毛の生える方向

毛には「毛周期」と呼ぱれる生えかわりのサイクルがあります。ですからムダ毛を抜いてもそれが成長期の場合には、皮膚の下でスタンバイしていた新毛がすぐに生えてきます(表皮上に出ている毛は、全体の3分の1といわれています)。その毛周期は、生えている部位によって少しずつ異なります。身体の中で一番毛周期が長いのは頭髪で、10日間に3~4ミリ伸びて3~4年問で退行期に入り、自然と抜け落ちていきます。頭髪の場合では、1日に約50本が白然に抜けていくといわれています。

眉毛は毛周期が短い部位のひとつで、3~4カ月で生えかわります。つまり、部位によって毛の成長スピードや生えかわりの日数が異なるため、顔と身体を同時に脱毛しても顔のムダ毛が先に伸びてきてしまうのです。また、毛の流れを知ることも、ムダ毛処理には重要。毛は生えている方向に引っ張ると抜けやすいのですが、逆方向に力を入れると毛穴が押し広げられ、細菌が入って炎症を起こしてしまうことがあるからです。腕や脚の毛は生えている方向が一定しているので脱毛もしやすいのですが、ワキの下やビキニラインなどは毛の向きがバラバラなので、他の部位に比べるときれいに処理するのが難しいのです。

毛の成長サイクル

毛母細胞が分裂を始めると、皮膚の下のほうで新しいけが伸び始めます。そして毛細血管から栄養を取り込みながら太く伸び、表皮の上へ出てきます。この時期が成長期。その後、毛母細胞の分裂が止まって退行期に入ると、毛乳頭と毛の結合が緩んで毛が上へ押し上げられます。さらに、休止期に入ると、毛と毛乳頭が完全に離れて自然に抜け落ちます。

休止期、退行期、成長後期、成長期、成長初期


脱毛機器の最新情報!

マンガスペシャル