毛の構造 体毛が濃い、多い、と悩む人はたくさんいますが、体毛はなぜ生えるのでしょうか?

毛は表皮から上の部分を「毛幹」。表皮より下の部分を「毛根」と呼びます。毛根部の一番下のふくらんだ部分は「毛球」といい、この先端部にある毛乳頭が毛細血管から栄養を取り込んで、毛を成長させます。つまり、毛乳頭の毛母部分が毛髪の発生や成長を司っているため、毛母細胞がある限り、いくら抜いても毛は次々と生えてくるのです。そこで永久脱毛は、この毛母細胞をレーザー処理などで破壊する方法を取っています。

毛の構造

毛は表皮から上の部分を「毛幹」。表皮より下の部分を「毛根」 と呼びます。毛根部の一番下のふくらんだ部分は「毛球」といい、 この先端部にある毛乳頭が毛細血管から栄養を取り込んで、毛を 成長させます。つまり、毛乳頭の毛母部分が毛髪の発生や成長を 司っているため、毛母細胞がある限り、いくら抜いても毛は次々 と生えてくるのです。そこで永久脱毛は、この毛母細胞をレーザ ー処理などで破壊する方法を取っています。

性ホルモンの影響でムダ毛が濃くなることもある

ムダ毛が生える部位や密度、毛の太さや長さには個人差があります。生えてくる毛の数は、胎内にいるときに決まってしまうので、生まれた後で増えることはありません。しかし、男性ホルモンの影響で毛が濃く太くなることがあります。男性ホルモンは毛乳頭を刺激し、毛母細胞の分裂を促進させてムダ毛の成長スピードを速めるのです。女性ホルモンの働きが衰える更年期に、体毛が濃くなるのはこのためです。反対に、女性ホルモンはムダ毛の発生や成長を抑える作用があります。女性ホルモン様成分を含んだ豆乳ローシヨンがムダ毛抑制に効果があるといわれるのはこのためです。


脱毛機器の最新情報!

マンガスペシャル