毛の構造 体毛が濃い、多い、と悩む人はたくさんいますが、体毛はなぜ生えるのでしょうか?

毛の構造

毛は表皮から上の部分を「毛幹」。表皮より下の部分を「毛根」と呼びます。毛根部の一番下のふくらんだ部分は「毛球」といい、この先端部にある毛乳頭が毛細血管から栄養を取り込んで、毛を成長させます。つまり、毛乳頭の毛母部分が毛髪の発生や成長を司っているため、毛母細胞がある限り、いくら抜いても毛は次々と生えてくるのです。そこで永久脱毛は、この毛母細胞をレーザー処理などで破壊する方法を取っています。

詳しくは毛の構造についてをご覧下さい

毛のサイクル・周期

毛には「毛周期」と呼ぱれる生えかわりのサイクルがあります。ですからムダ毛を抜いてもそれが成長期の場合には、皮膚の下でスタンバイしていた新毛がすぐに生えてきます(表皮上に出ている毛は、全体の3分の1といわれています)。その毛周期は、生えている部位によって少しずつ異なります。身体の中で一番毛周期が長いのは頭髪で、10日間に3~4ミリ伸びて3~4年問で退行期に入り、自然と抜け落ちていきます。頭髪の場合では、1日に約50本が白然に抜けていくといわれています。

詳しくは毛のサイクル・周期についてをご覧下さい

効果的な自己処理法

ムダ毛の自己処理法には大きく分けて、「色を薄くする」「溶かす」「剃る」「抜く」「剃る」の4通りがあります。それぞれ再生のスピードや肌への影響が違うので、生えているムダ毛の状態や処理する部分を考えて、自分に適した処理方法を選びましょう。

詳しくは効果的な自己処理法をご覧下さい


脱毛機器の最新情報!

マンガスペシャル