HOME > 自己処理脱毛の基礎知識・ビキニライン > 豆乳ローションの作り方

豆乳ローションの作り方

化粧水でもよく使われている成分の豆乳に 脱毛効果があるって知ってました?

毛を溶かしたり、毛を剥ぎ取ることとはちょっと違いますが、 除毛対策としてひそかにブームを呼んでいます!
そこで今回は自分で作れる簡単豆乳ローションを紹介します。

無調整豆乳
※大豆固形分8%以上

500ml

レモン

2個

消毒用アルコール

60ml

 

豆乳を子鍋に入れて弱火にかけます。 温度が上がり過ぎると、有効成分が 破壊されるので注意。

表面にまくが張らないように温め、60度 位になったら、レモンのしぼり汁(70〜 100ml程度)を加えます。

弱火のまま、かきまぜ、凝固しかけたら 火を止めます。消毒用アルコールを加えて さらにかき混ぜます。

アツいうちに、清潔なコットタオルと キッチンペーパーを敷いたざるで漉し、 ボウルに取り置きます。

 
 
Check.

豆乳に含まれる大豆イソフラボンは女性ホルモンである エストロゲンに似た働きを持つ といわれています。女性ホルモンに似た大豆イソフラボンの成分を塗ることで毛根に対する 男性ホルモンの影響が弱まり、薄毛になっていくのですね。

 

豆乳ローションの作り方

 
 

 

 

 

 

ムダ毛を抜いたり剃ったりするだけではなく、仕上がりのきれいさも重要なポイントだから、自分に合った処理方法を見つけましょう。