みんなの脱毛サクセス体験

勇気を出して脱毛した7人のエピソードをご紹介します。やっぱりみんな悩んでいる!迷っているアナタの背中を押してくれる成功体験談。

体験談

体験談その6:今泉春江さん(仮名)33歳/OL/大阪府
顔の脱毛をしたら、うぶ毛チェックから
解放されてお化粧のノリもよくなりました!

顔のうぶ毛といっても人それぞれ、というけれど、私の場合は黒いうぶ毛でした。とくに濃いのは眉問と鼻の下、それに目尻からほほの上部でした。
中学3年のとき、同じクラスの男の子に"ひげ丸"という、ひどいあだ名をつけられたほどでした。

異様に濃いうぶ毛はスキンケア以前の問題

メイクをする年頃になると、顔全体は週1、2日に1回は気になる部分にカミソリを当てなくては、黒いうぶ毛が気になって、スキンケアどころではなくなります。
予定がない日に家にいるからといって気を抜いていると"カールのおじさん"に(笑) でも、顔の永久脱毛なんて聞いたことなかったし、カミソリで剃り続けるしかないとあきらめていました。 ところが、あるとき、レーザー脱毛した友人にパンフレットをもらうことに。

「全身どこでも永久脱毛できるらしいよ。悩んでいるのなら、一度行ってみたらどう?」実際脱毛経験のある友達のアドバイスだったので、勇気を出してカウンセリングを受けました。

解決の糸口が見つかり、心は安心と期待感でいっぱいに。

カウンセリングの日までうぶ毛剃りをせずに我慢。
先生は「黒くて濃い毛ほどレーザー照射の効果があるんだよ。
女性の場合、いくらうぶ毛が濃いとはいっても限度があるので、一度顔企体にレーザー照射して、それで効果がなければ、ダイオードレーザーという別のレーザーを使いましょう。」長い時間納得するまでと説明してくれたので、このうぶ毛から解放される糸口が見つかった!という安心と期待で胸がいっぱいになりました。

顔全体のレーザー照射にはうれしい"おまけ"まで・・・

レーザー照射するときには毛を剃るのでメイクしながら1週間後のレーザー照射の日を待つことができました。 しかも、脱毛する際には、眉の形やおでこの生え際までも希望を確認してくれたので、遠慮くなく希望が伝えられ、ストレスなく治療を受けることができたので、とてもよかったです。

2回目の照射で黒いうぶ毛はずいぶん薄くなりました。 さらにレーザーがシミに反応したため、シミも薄くなり、気のせいか、顔全体の色が白くなったように♪これは予想外のうれしいおまけ!とてもラッキーでした。

レーザーで毛穴を引き締めたり、美白効果もあるためわざわざレーザーを受ける人もいるそうです。 今では、あれほどうぶ毛をチェックしていたことがウソのようです。 肌の調子もいいので、こんどは美白のために、もういちどレーザーを受けたいなぁと思っています。

先生からのアドバイス

顔の脱毛方法はケース・バイ・ケース

川口クリニック院長 川口英昭先生

思春期になると、女性でも鼻の下(上口唇)や下あごなどの毛が濃くなってくるため、うぶ毛の脱毛の相談も増えてきます。顔の場合、1本、1本の毛は細く、色も薄いため、レーザーよりは針脱毛(電気脱毛)が確実なように思われますが、電気凝固(針脱毛)すると、毛根周囲が固まってしまい、かえって皮膚の凹凸感が気になる場合もあります。表皮のやけどを防ぎつつ、ケース・バイ・ケースで出力を変えながら、レーザーで治療していきますが、すべての毛をなくすのは難しいかもしれません。ですが、今お持ちの悩みはきっと改善されるでしょう。

その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7

体験談一覧へ戻る


脱毛機器の最新情報!

マンガスペシャル