脱毛Q&A集

副作用の心配は?

副作用の心配は?レーザー脱毛で使用されるレーザーは、皮下にある毛根のメラニン色素にのみ反応します。
ですから、皮膚表面の正常な細胞や、それより深部の血管や内蔵に影響を与えることはありません。ただ、これはレーザーを適切な出力で照射した時に限ります。
出力が高すぎると、その周辺の組織が熱を持ち、熱傷を起こす危険があります。また、軟毛の硬毛化という事例も報告されています。
これは、主に二の腕やうなじなど、柔らかい毛(軟毛)の施術時に見られる現象で、原因としては、レーザーの出力が弱すぎることが挙げられます。軟毛は、レーザーの効果が出にくい為、レーザーの出力には注意が必要です。確実な脱毛を希望するなら絶縁針脱毛の方がより適しているといえるでしょう。しかし、絶縁針脱毛を行なっているクリニックは少ないので、クリニックを選ぶ際はよく調べる必要があります。豊富な経験と技術を持つ、信頼出来るクリニックで施術を受けるようにしましょう。

お手入れ&ケアの仕方

脱毛後の肌は、軽く熱を帯びた状態です。
その為、肌をクールダウンさせることが大切になってきます。直射日光は避け、しっかりと保湿するようにしましょう。
またデリケートな状態なので、毛抜きなどの自己処理は避け、剃るとしても逆剃りはせず、優しく剃るようにしてください。 余計な肌トラブルを避けるためにも、術後のケアは怠らないように気をつけましょう。

脱毛施術後にどんな問題があるのか?

脱毛施術後にどんな問題があるのか?脱毛時にレーザーが毛のタンパク質を燃やすことで、アレルギーを誘発することがあります。
これは、合併症の一つと言えるもので、症状としては、毛穴周囲の腫れとかゆみです。
脱毛後の肌に過度な刺激を与えないように注意してください。医師が処方した薬以外を使用するのは避け、シャワー時もごしごし洗わずに、なるべく優しく洗うようにしましょう。
また、脱毛後にダメージを受けた毛包に細菌が入ることで炎症をおこすことがあります。これを毛嚢炎と言い、通常は治療の必要がないものがほとんどですが、炎症の度合いが強い場合は医師に相談しましょう。

薬を使うと良くなる?

もしも、脱毛後に何らかの異常やトラブルが発生した場合は、医師が抗生物質や軟膏などを処方してくれます。自己判断で市販されている外用薬を使用すると、悪化するケースもありますので、必ず医師に相談しましょう。


脱毛機器の最新情報!

マンガスペシャル