OKなヒゲ、NGなヒゲ

OKなヒゲ、NGなヒゲ

最近はヒゲを伸ばすのがオシャレとして定着してきました。
オシャレにヒゲを生やしている人が増えている一方、これはちょっと・・・というNGなヒゲの持ち主も相当数います。
女性の中には、男性のヒゲに対して「不潔な印象がするのが嫌」「本当に似合うヒゲを上手に手入れしている人って、ほとんどいない。」という意見もあるようです。
自分の顔の形に合ったヒゲのパターンを見つけて上手に手入れしていくことが、清潔感のあるオシャレなヒゲを作るのに重要なポイントと言えるでしょう。

顔の形で選ぶヒゲパターン

卵形卵形の顔の形はどんなスタイルも無難に似合う、ある意味理想的な顔の形と言えるでしょう。従って、ひげと髪型に関しても色々な選択肢があります。 縦の長さを強調すれば、シャープで大人っぽい印象を与えますし、丸みを強調すると柔らかい印象になります。
まずは卵形のシャープな印象を与えるひげを目指したい場合ですが、基本はひげに縦のラインを入れるという事でしょう。口ひげとあごひげを生やして口 の周りを囲むカコミというスタイルはどうでしょうか。ただこの場合、ただ伸ばすのでなく、口ひげとあごひげがつながる部分(唇の横あたり)は縦に細く仕上 げましょう。
この場合の髪型ですが、横は短めにするとさらにシャープな印象になると思います。
次に、柔らかい印象を与えたい場合ですが、基本に従って横のラインを出していきましょう。具体的には口ひげを伸ばすと良いと思います。あまり伸ばしすぎると唇の横のあたりから垂れてくる感じになるので、適度な長さで切りそろえて横のラインをしっかり出しましょう。

ホームベース型ホームベース型の顔とは、卵形の顔に比べてえらが張っている顔のことです。力強い印象がある反面、若干クセのある顔とも言えるでしょう。
ホームベース型の顔の場合、それを目立たなくして柔らかい印象にするというのは若干難しいので、他の部分も力強くして全体的に力強い感じにする、角にあごのあたりを強調しない、などの方法が考えられます。
どんなひげがいいかですが、あごひげだけを伸ばすというのは良くありません。口ひげを伸ばして顔の中心に存在感を出すというのは一つの方法だと思います。あるいは全体的に細いひげで口の周りを囲むというのも考えられます。その場合、丸い形状にすると何となく違和感があると思いますので、顔の形に合わせて直線状にひげを整えるといいと思います。
髪型に関してですが、襟足はある程度残した方がいいでしょう。そうでないとあごの形が強調されてしまします。また、トップ、サイドともにある程度ボリュームを持たせてバランスを取る方法もあります。ただ、長髪にしてしまうと今度はまたあごの形が目立ってしまいますので、横の髪はあごのラインよりも上に来るようにしましょう。
あるいは思いっきり短髪にして、ひげと顔の輪郭で力強さを出すというのもありかもしれません。

逆三角形逆三角形の顔の人は、卵形のあごの部分を細くした感じです。そのため、卵形の顔に比べて少し弱い感じがするのが弱点かもしれません(そういう所が好きな女性ももちろん多くいますが)。
この顔の形の場合、弱点であるあごの細さをカバーするために、横のラインとしてあごひげを横に伸ばすのがオススメです。口ひげも場合によってはOKかもしれませんが、あごの当たりをしっかり見せる方が重要ですので、口ひげはない方がベターではないかと思います。
当然の事ながら、縦のラインを出すのはオススメできません。
髪型に関しても同様で、顔の下の方がががっちり見えるように、襟足を伸ばして首の横から見えるようにするのがいいでしょう。また、前髪もこめかみを隠すような形にして、全体的な顔の形が卵形になるようにするといいと思います。

四角形顔の形が四角形の人は、若干角張った印象はあるものの卵形に近く、比較的どんなひげ、髪型も似合う顔の形です。
卵形と同様、シャープで落ち着いた印象を出したければ縦のラインを強調し、柔らかさを出したければ横を強調するという基本も一緒です。
四角く力強い形を生かして、あごひげともみあげをつなげるスタイルは似合いそうです。ひげが薄くてそれがムリな人であれば口ひげ、あごひげともに短く揃えて伸ばすのがオススメです。
髪型に関しても比較的選択肢は多いように思います。トップのボリュームを持たせて縦を強調するか、横にボリュームを持たせるか、という基本も一緒です。また、顔の上下のバランスに気をつけるといいと思います。あごのラインが四角い感じですので、例えばあごひげともみあげをつなげるスタイルにした場合、髪型も上の方は割と角張った感じにした方がいいでしょう。


脱毛機器の最新情報!

マンガスペシャル