クリニックで脱毛する理由

脱毛をしようと思った時、どこで脱毛しようか迷ってしまうことがあるのではないでしょうか。
インターネットや雑誌の広告などを見ると、たくさんの美容クリニックやエステサロンがあります。
エステサロンは、比較的安価な料金で施術が受けられ人気がありますが、施術を受ける際には値段以外にも気をつけておきたいことがあります。
それは安全性と確実性です。
1回の施術料金がいくら安くても、安全性と確実性が低ければ意味がありません。
クリニックでの医療脱毛をおすすめする理由は、その安全性と確実性に優れているからです。


医療脱毛の安全性

医療脱毛の安全性 脱毛の安全性について判断するポイントは、施術を行う施設が医療機関か非医療機関かというところです。
現在、脱毛の施術の代表的なものは、レーザーによる脱毛と針脱毛です。
レーザーによる脱毛はレーザー光線の熱によって、針脱毛は毛穴に針を挿入し、そこに電気を通すことによって毛母細胞を破壊します。
いずれにせよ人間の組織を破壊する施術ですので、細心の注意を払って施術を行わなければなりません。
レーザーの出力や電流の強さなどのコントロールを誤ると熱傷などの危険性があるからです。
クリニックでは、経験を積んだ医療従事者によって患者の肌質や毛質に合わせた適切な施術が行われます。
麻酔や薬の処置も可能であることも安全性における大きなメリットと言えるでしょう。
エステサロンなどの非医療機関の場合、公的な資格(医師免許や看護師免許)を持たない者が施術を行っていることになります。
医療行為を行うことはできないので万一の時の処置も遅れてしまいます。
クリニックでは施術前、施術後に皮膚の状態を医師がしっかりと診察してくれるので安心して施術をうけることができます。
また、針脱毛は痛みが強く、術後の肌トラブルが多いというイメージが強いですが、医療機関でおこなわれる絶縁針脱毛なら、針の皮膚に接する部分が絶縁されているため、皮膚を痛めにくく火傷の心配もありません。
レーザー脱毛の詳細はこちら
針脱毛の詳細はこちら

医療脱毛の確実性

医療脱毛の確実性 医療機関で行われる脱毛と非医療機関で行われる脱毛では、その脱毛効果の確実性においても違いがあります。
これは、主にレーザーなどの機器の出力によるものです。
非医療機関の脱毛機器の出力は医療機関のレーザーに比べて低く設定されているため脱毛効果が低くなります。
厚生労働省による「脱毛行為等に対する医師法の適用」に関する通達によると、「用いる機器が医療用であるか否かを問わず、レーザー光線又はその他の強力なエネルギーを有する光線を毛根部分に照射し、毛乳頭、皮脂腺開口部等を破壊する行為」は医療行為であるとされているため、非医療機関では、出力を押さえて上記内容に抵触しない範囲での施術を行っているからです。
医療レーザーの場合は、脱毛に最も効果的な出力で施術することできるため、より確実性が高い施術を行うことができます。
また、絶縁針脱毛はレーザー脱毛では効果が期待できない部位も確実に脱毛できますが、施術には高い技術力が必要です。
日本医学脱毛協会加盟のクリニックでは、同協会の研修を受け認定された脱毛士が施術を行いますので安心して施術を受けられます。

アフターケア

脱毛の施術後に万が一、肌のトラブルや痛みなどがあった場合、クリニックならば薬の処方をはじめとして、即座に対応することができます。 エステサロンでは医療行為を行えないので、トラブルがあった場合は結局クリニックに頼ることになります。

優れた最新機器の使用

現在、エステサロンとクリニックでは、使用される脱毛機器が明確に区別されています。
クリニックでは、効果が高く安全性が認められた厚生労働省認可の医療用レーザーを使用することができます。
エステサロンでは医療用レーザーを使用することはできません。
エステサロンで使用される機器は認可を必要としないため、安全性、効果ともに保障されるものではないと言えます。
また医療用レーザーによる施術は、エステサロンでの施術に比べて痛みが強いと言われますが、最新の機器では痛みの軽減や施術のスピードが改善されており、痛みに関してのリスクも軽減されてきています。


脱毛機器の最新情報!

マンガスペシャル