HOME > 絶縁針脱毛とは?

安全確実な絶縁針脱毛はクリニックだからこそできる!


永久脱毛といえば、もともとは針脱毛のことでした。 皮膚に電気熱が伝わらないように開発された 絶縁針でクリニックでは安全&確実な針脱毛を行っています。

皮膚に電気熱が伝わらないよう開発された針

逆さまつげを抜く方法として120年以上前に始まった針脱毛ですが、日本で本格的に取り入れられたのは1960年あたりから。
まず、皮膚科や形成外科で電気針脱毛を行うようになりました。1980年代にはエステティックサロンでも電気針脱毛を行うようになり、広く知られるようになりました。


 

この電気針脱毛は、通電した針が皮膚と接触するために、非常に強い痛みがともなったり、やけどや色素沈着を起こしやすいという欠点がありました。


 

この欠点を小林敏男医師らが克服し、絶縁針脱毛を生み出したのです。正式には開発した医師の名前をとって「小林・山田式絶縁針脱毛法」と呼ばれています。


 
 
 

この脱毛法は、毛の発生源を正確に電気熱で処理し、皮膚表面にやけど跡などを残さないようにすることに重点を置いて開発されました。
各部位の毛質と成長期の毛根の深さに合わせて、最も効果的な太さと長さの針(小林式絶縁針)を作ったのです。そのため、この針は全部で約20種類もあります。そして、針の根元を太くして針が毛乳頭より深く挿入されることがないようにしました。
さらに、皮膚に接する部分を絶縁することで、皮膚に電気熱が伝わらないようにしました。それにより、レーザーでは脱毛しづらい場所や日焼けした肌でも、安全で確実な脱毛ができるようになったのです。最近ではこの絶縁針を用いて、重度のニキビ治療も行われるようになりました。