レーザー脱毛体験 カウンセリングからアフターケアまで医療レーザー脱毛を体験!

実際にレーザー脱毛を受けるとなったら、どんな心構えや注意点が必要なのでしょうか?事前シュミレーションしてみましょう。

医療レーザー脱毛を体験!

1.カウンセリングを受けるまで

カウンセリングは予約制で有料の場合がほとんどです。電話で日時なども含めて確認しましょう。最近はインターネットでもカウンセリング予約ができるところもあります。エステティックサロンで脱毛していたり、自己処理を行っていた人は、カウンセリングまで1カ月ほど期間をあけること。毛量や毛質をチェックしてレーザーの出力を決定するので、カミソリなどで剃っている人は2~3日前から処理をやめ、多少毛を伸ばした状態にしておきましょう。

2.カウンセリング当日

カウンセリングは予約制で有料の場合がほとんどです。電話で日時なども含めて確認しましょう。最近はインターネットでもカウンセリング予約ができるところもあります。エステティックサロンで脱毛していたり、自己処理を行っていた人は、カウンセリングまで1カ月ほど期間をあけること。毛量や毛質をチェックしてレーザーの出力を決定するので、カミソリなどで剃っている人は2~3日前から処理をやめ、多少毛を伸ばした状態にしておきましょう。

3.脱毛当日

カウンセリングは予約制で有料の場合がほとんどです。電話で日時なども含めて確認しましょう。最近はインターネットでもカウンセリング予約ができるところもあります。エステティックサロンで脱毛していたり、自己処理を行っていた人は、カウンセリングまで1カ月ほど期間をあけること。毛量や毛質をチェックしてレーザーの出力を決定するので、カミソリなどで剃っている人は2~3日前から処理をやめ、多少毛を伸ばした状態にしておきましょう。

4.電気シェーバーで除毛する

毛穴にのぞいている毛のメラニンにレーザー光線を反応させるために、表面の毛は不要です。皮膚を傷つけないようにていねいに電気シェーバーで除毛します。

5.脱毛部分をきれいに消毒する

剃った毛をきれいに落としたら、消毒薬を含ませた綿で皮膚表面を消毒します。脱毛を衛生的に行うためにも必要なプロセスです。

6.冷却ジェルを塗って肌を保護する

脱毛する部分に冷却ジェルを1ミリ程度の厚さで塗布していきます。少しヒヤッとしますが、これは表皮の保護と痛みの軽減、レーザーのチップをスムーズに動かすためです。

7.レーザーを照射して脱毛する

ダイオードレーザーで脱毛する場合は、皮膚表面にチップ部分を接触させて、脱毛していきます。チップには痛みを軽減するために冷却装置がついています。

8.脱毛した部分をアイスパックで冷やす

脱毛した部分の毛や汚れを消毒綿でふき取り、アイスパックで冷やします。レーザー照射した部分の熱を冷やすとともに、赤みや腫れも緩和します。

9.1回目の脱毛が終了した状態の肌

1回目の脱毛が終了。脱毛後は直射日光を避けるようにしましょう。当日は入浴を避け、シャワー程度にとどめること。患部に赤みがあるようなら炎症止めの軟膏を塗っても。


脱毛機器の最新情報!

マンガスペシャル