トラブルと対処法 脱毛後の皮膚トラブルは早期対応が必要です。こんなトラブルが起きたら・・・

絶縁針脱毛は安全な脱毛法ですが、針を毛穴に通すのでごくまれに肌トラブルがおこることも。もし皮膚トラブルになった時はお医者さんに相談しましょう。ここでは予測されるトラブルと対処法を紹介します。

脱毛後の肌にはアフターケアが肝心!

絶縁針脱毛は、毛穴に挿入した針に電気を通すので、直後に皮膚に赤みが出たり、腫れたりします。脱毛当日は帰宅後、アイスパックなどで脱毛部位を冷やしましょう。身体全体を温める入浴や運動、飲酒もNGです。毛穴が開いた状態なので、化膿止めの軟膏を数日間塗ること。赤みのある間は直射日光を避け、落ち着いたら日焼け止めクリームも忘れずに塗ります。ワキの脱毛をした人は、制汗剤の使用も1週間は避けましょう。 アフターケアをしっかりやることで、脱毛後の肌は毛穴が引き締まり、すべすべになります。

脱毛後に皮膚トラブルが起きたときの注意

点状の赤みと腫れ 絶縁針脱毛後に見られる症状です。脱毛部位や冷却法か麻酔法かによっても症状に差があります。直後の赤みと腫れはアイスパックなどで冷却し、化膿止めの軟膏をつければ落ち着きます。目安としては、冷却法であれば、1週間程度で赤みや腫れがひきます。麻酔法であれば、長くても2週間程度で通常の状態に戻ります。心配なら医師に相談しましょう。
点状の赤みと腫れ 絶縁針脱毛後に見られる症状です。脱毛部位や冷却法か麻酔法かによっても症状に差があります。直後の赤みと腫れはアイスパックなどで冷却し、化膿止めの軟膏をつければ落ち着きます。目安としては、冷却法であれば、1週間程度で赤みや腫れがひきます。麻酔法であれば、長くても2週間程度で通常の状態に戻ります。心配なら医師に相談しましょう。
内出血 絶縁針や麻酔針を使用したときに、毛細血管を突いた場合に内出血になります。通常は、針が血管をよけるので内出血はまれにしか起こりません。もし内出血が起こっても、赤紫色の皮膚の状態は、3週間程度で正常な色に戻ります。
皮膚が固くなる 毛が密集するワキやヒゲの脱毛をすると、皮膚が固くなると感じる人がいます。しかし、脱毛後は若干皮膚が固くなることもありますが、毛量が少なくなるにつれて、元の状態に戻ります。
皮膚の知覚障害 脱毛時に、皮膚表面の神経が一時的に損傷を受けた状態になり、ピリピリすることがあります。この状態は1~2カ月で神経が再生されるので解消します。
リンパ腺障害 皮膚の中にしこりのようなものができて、押すと痛みがあります。起きる可能性はごくまれで、脱毛する本数の多い初期の段階に起こりやすいです。しこりはなくても痛みがある場合は、1~2カ月程度で治ります。
埋没毛 毛のまわりにある毛包が完全に破壊されていない場合に、毛が再生される前に皮膚表面が埋まってしまい、皮膚の中で伸びてしまう状態です。毛が太くて寝ている部位で起きやすいのが特徴。埋没毛はピンセットで毛先を抜き取ってから脱毛します。
毛のう炎 脱毛が不完全な場合や雑菌が毛穴に入ってしまった場合などに、脱毛部位が腫れたり、化膿したりする状態です。絶縁針脱毛ではほぼ起こりません。

脱毛機器の最新情報!

マンガスペシャル